Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hangarc.blog13.fc2.com/tb.php/31-0b00ed17

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

【Seria】クリアケース・ディープ

100円ショップSeria(セリア)にて入手した『クリアケース・ディープ』です。

本来の用途は小物入れで、これまで底面に花柄等の模様が入った製品は有ったのですが
つい先日、底面が無地のクリアーになっているバージョンを発見したので
ひっくり返せばディスプレイケース代わりになるのでは?という安易な思い付きで購入してみました。

clear_case_deep_01.jpg

以下、使用例等の紹介です。
clear_case_deep_02.jpg

使用例。といっても逆さまに被せただけですが。

サイズはラベル表記によると「高さ60×横110×奥行き159mm」とのこと。
表記は外寸のようですが、実寸法とは各方向±2mmくらい違ってます。

内寸は実測で、おおよそ高さ56×横105×奥行き154mmくらい。
写真のカワイの木製台座が150×100×15mmなのでちょうどいいサイズです。
ただし、当然ピッタリではないので台座との位置が簡単にずれるのが難点。

材質はアクリルではなくポリスチレンですが100円の割には透明度も高いです。

なお、側面に貼ってあるラベルのシールは普通に剥がせます。
(今回は商品名が見えるようにそのままにしてあります)

clear_case_deep_03.jpg

内部の高さに関してはこんな具合。

台座が元々少し高めな上に、台座の裏に厚さ1.5mmくらいのスポンジパッドが付いているため
結構ギリギリですが、台座無しなら大抵の1/144現用機は大丈夫だと思います。
むしろ頭上空間の節約になるので沢山飾るには都合がいい…かも?

clear_case_deep_04.jpg

元々、開口側を上にして積み重ねる用途が想定されているので
ケース底面の四隅には出っ張りが付いており、写真のような使い方も可能です。

ただし上の台座はケースの上に直接載った状態となるため、
元々の不安定さに拍車が掛かることになりますが…

また、台座による下のケースへの傷付きも考えられますので、
台座にはシール付きゴムパッド等を用いておくと無難です。


■まとめ
最近1/144現用機を作るようになり、ちょうどいいサイズのケースが無く困っていました。

本格的なディスプレイケースとして使うにはちょっと難ありですが、
とりあえず現状、ホコリよけとして使う分にはこれで満足しています。

100円ショップではディスプレイケースそのものも売っていますが、
食玩フィギュアを想定しているのかやけに縦長の製品が多いのが個人的にはマイナスですね。

アクリルケースのオーダーメイドを行っている業者もありますが、価格や品質を考えると
どこかのメーカーに1/144 現用機に合ったサイズのディスプレイケースの発売を期待したい所です。
1/144 現用機は食玩も多いので需要が無いってことはないと思うのですが…
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hangarc.blog13.fc2.com/tb.php/31-0b00ed17

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。